hiro-yamahiro-yama

こんにちわ、hiro-yamaです。

副業でアフィリエイトを実践し、家族と幸せに暮らすライフスタイルを送っています。

hiro-yamaのプロフィール

どうも、山田です。
 
 
今回は、「残業まみれで時間がない?残業96時間でも月収10万円稼げたコツは?」についてです。
 
 

 
 

時間がないというのは言い訳

サラリーマンの方の中には、残業が多くてなかなか時間が取れないという方もいらっしゃるかと思います。
 
 
近年、働き方改革が推進される中で、必ずしも残業が減って自分の時間が増えたというわけでもない現状があるのではと思います。
 
 
しかし、厳しいことを申しますと、残業が多くて忙しいから副業で稼げない、というのはある意味言い訳に過ぎないと思った方がいいです。
 
 
なぜなら、副業でしっかり稼いでいる人は、時間を理由にやらないということはしないからです。
 
 
人によって環境は違えど、残業が多いからといって成功しないというのであれば、それは時間の使い方やマインド面での補強が必要になってきます。
 
 
現に僕自身も、残業が多い月で96時間の月もありましたが、記事を書き続けて月収10万円は稼いできています。
 
 
現状を変えたいのであれば、なんらかの工夫と行動を要するので、やると決めたらやるとコミットしていきましょう。
 
 

1日1歩でも何か進歩する

サラリーマンで残業が多い人でも、帰って疲れ果てて寝る、という生活から何もしなければ、当然結果は出ません。
 
 
例えば、1日1記事書くとか、土日にまとめて記事を書くために平日はキーワード選定をするとか、1日に何らかの進歩をしていくと、いいですね。
 
 
もちろん、本業の妨げになることをするわけでなくとも、通勤や昼休み、それから帰ってからの時間なども活用できるわけです。
 
 
僕の場合は、お風呂にパソコンやiPadを持ち込んで、記事を書いていることもあります。
 
 
どんなに時間がないと感じても、時間を作って副業に当たる時間を意識的に作る必要がありますね。
 
 

残業96時間でも月収10万円稼げたコツ

実際に僕が残業96時間の月があっても月収10万円を稼いできた方をお伝えします。
 
 
大きなポイントとしては、次の2点が挙げられます。
 
 

・全部自分でやろうとしない
・隙間時間をフル活用

 
 
それでは、見ていきましょう。
 
 

全部自分でやろうとしない

これは作業効率化の点で、全てのことを自分でやろうとすると、時間がかかってしょうがないです。
 
 
僕の場合は、例えば記事作成をランサーズやクラウドワークスなどのサイトを活用して、外注していました。
 
 
日中に、記事のキーワード、タイトルを決めて、夜に記事作成を依頼。
 
 
もちろん、多少記事作成の費用を払いましたが、後から回収できると思っていたので、時間をお金で買いました。
 
 
実際に50記事ほどは外注さんの記事で成り立っていますが、僕自身の編集も加えた記事によって、収益が生まれる記事も作っていただきました。
 
 
自分でなくてもできるところは、できる人にお願いするということが、時間を最大限にするコツです。
 
 
ただし、売る記事は自分で書いた方がやっぱりいいです。
 
 
これもやって見てわかったことですが、頼んだものをそのまま横流しに使うのではなく、自分の最終チェックや編集は必須です。
 
 
部分的に外注を活用すると、クオリティも保つことができます。
 
 

隙間時間をフル活用

これが時間を最大限にする秘訣です。
 
 
なにも、机に座って作業するだけが全てではないです。
 
 
僕が一貫して言っているのが、通勤時間と昼休みの活用です。
 
 
通勤時間は、特に動画や音声などによるインプット、昼休みはスマートフォンやタブレットを使ってアウトプットに活用すると効率化できます。
 
 
いまでは、スマートデバイスが発展しているお陰で、場所を選ばず作業ができるので、本当に恵まれた時代ですね。
 
 
僕の場合は、夜に家でブログ記事のキーワードやタイトルを選び、昼休みにスマホで記事を書いて、帰ってから整えてアップするということを続けていました。
 
 
意外と隙間時間の方が集中してできたりするので、どんどん隙間時間を活用していきましょう。
 
 

お名前

メールアドレス(必須)



Powered by メール配信システム オレンジメール