マインドセット

行動し続けることができるたった1つの方法

投稿日:

hiro
こんにちは、hiroです。 →hiroのプロフィールはこちら

どうも、山田です。
 
 

今回は、「行動し続けるために簡単にできるエクササイズ」についてです。
 
 

 
 

行動しても何故続かないのか?

3日坊主という言葉があるくらい、人間は行動しようとしてもなかなか続かないことがあります。
 
 
それは何故なのか、今回は2つの理由に注目してみます。
 
 

1.楽しんでいない
2.目標を立てすぎている

 
 
そもそも、楽しくないと続かないことが多いです。
 
 
いやいややることは本当に苦痛を感じてしまうので、少し面倒だなと思ってしまうとすぐにやめてしまいます。
 
 
楽しくやるためには、成果物を客観的に見てみると良いです。
 
 
例えば、ブログを作り始めたのならば、ヘッダーを作ってみたり、記事を書いてみたり。
 
 
そうして出来上がった物を、読者の目線で見てみると、だんだんこだわりが出でくるものだったりします。
 
 
気づいたら自分のオリジナリティを追求するあまり、時間を忘れて楽しんでいるということもあります。
 
 
まずは、楽しんでやることを意識してみてくださいね。
 
 
そして、目標を立てすぎていることも挙げられます。
 
 
目標にこだわりすぎている、ということも言えます。
 
 
完璧主義な人ほど、何から何までやらないと気が済まなくなってしまい、本質的なことではないことに時間を割いてしまうこともあり、だんだん疲れてきて挫折するパターンです。
 
 
行動しても続かない、と悩む人はこれらを意識してみてくださいね。
 
 

続かなくて当たり前と思って良い

行動し始めると、続けなきゃ、という思いを持つこともあります。
 
 
しかし、逆に人間行動しても続かなくて当たり前、というスタンスでやってみると、一気に気が楽になります。
 
 
そして、続かなくて当たり前と思いながら、続けるための工夫はできないかと考えた時に、簡単にできることを紹介します。
 
 

1.簡単なことからやる
2.自分流の仕組みを作る

 
 
まず、いきなりムスカしいことをやろうとすると挫折しやすいので、簡単なことから手をつけてみるといいですね。
 
 
少しずつこなしていけたら、達成感も出てくるからです。
 
 
また、自分なりに、ルールを決めて仕組みを作るといいですね。
 
 
例えば、ブログを作るとすると、1記事書いたらアフィリエイトの売り上げ速報ページをみる、とか。
 
 
キーワードを5個見つけたらお菓子を食べてもいい、とかでもなんでも良いんです。
 
 
自分なりのルールで楽しめるものや奮い立たせるものがあればいいですね。
 
 

「よしっ、やろう」と声に出してみる

なかなかやる気が出ないときに、魔法の言葉があります。
 
 
それは、「よしっ、やろう」ということです。
 
 
ポイントは実際に声に出して言ってみることです。
 
 
「よしっ、やろう」というと、その次に何をすべきかを考えるように脳みそはできています。
 
 
なので、だらだらしてしまうのであれば、「よしっ、やろう」とまずは口にしてみてください。
 
 
自分でも驚くほど、行動のスイッチになりますから。
 
 

自分を褒めてみる

行動しつづけるためには、行動できた自分を褒めてあげることが大事です。
 
 
自分にも他人にも、承認欲求がありますから、素直に自分を褒めてあげましょう。
 
 
褒められることによる小さな成功体験が、次の行動を促します。
 
 
早速これらのエクササイズをやってみてくださいね。
 
 





  • この記事を書いた人

hiro

1987年生まれ。妻と息子の3人家族。 早稲田大学大学院 先進理工学研究科修了後、一部上場企業に入社。 給料がほとんど上がらない会社の年功序列に疑問を覚え、 会社で働きながら副業でアフィリエイトブログを構築。 ブログから毎月10万円が自動的に入る仕組みを作り、 家族とともに好きな時に好きなことをする人生を歩む。 アフィリエイトブログの作り方などの情報発信を通じて、「自分の人生を、自分で生きる」ということをお伝えしていきます。

-マインドセット

Copyright© hiro's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.