アフィリエイト

BackWPUpで大切なブログをバックアップ!設定方法まとめ!

投稿日:

hiro
こんにちは、hiroです。 →hiroのプロフィールはこちら

どうも、山田です。
 
  
今回は、「BackWPUpで大切なブログをバックアップ!設定方法まとめ!」についてです。
 
 

BackWPUpとは?

BackWPUpは、自動的にWordpressのデータのバックアップを取ってくれるプラグインです。
 
 
せっかくコツコツ作り上げたブログや記事などが、何らかのエラーなどで消してしまった場合、バックアップを取っていないと絶望的になってしまいます。
 
 
これを防ぐために、BackWPUpのプラグイン一つでバックアップを自動で取ってくれるので、しっかりと設定しておきましょう。
 
 

BackWPUpの設定方法

では、BackWPUpの設定方法です。
 
 
プラグイン→新規追加でBackWPUpを検索し、インストール→有効化します。
 


 
有効化をすると、Wordpressのダッシュボードから、BackWPUpのメニューが追加されるので、新規ジョブを追加に進みます。
 

 
まずは、一般のタブから設定していきます。
 
 
ジョブの名前は、自分で管理する名前にしておきます。
 
 
ジョブタスクでは、バックアップの種類を選ぶのですが、ファイルのバックアップでOKです。
 

  
バックアップファイルの作成にあるアーカイブ名はそのまま変更せずでOKです。
 

 
アーカイブ形式は、Tar GZipにしておけば、windowsでもmacでも使用できます。
 
 
ジョブの伝送先は、保存場所ととしてフォルダーへバックアップでOKです。
 

 
ログの送信先メールアドレスを入力し、送信元はメールの件名、エラーはチェックマークを入れておきましょう。
 

 
全て入力したら、変更を保存をクリックします。
 
 
次に、スケジュールのタブに進みます。
 
 
ジョブの開始方法は、Wordpressのcronにチェックします。
 

 
実行時間をスケジュールでは、バックアップの頻度を設定するのですが、基本にチェックし、スケジューラーは毎週くらいにしておくと良いですね。
 
 
曜日や時間は自分の好きな時間に設定してOKです。
 

 
全て入力したら、変更を保存をクリックします。
 
 
次に、ファイルのタブです。
 
 
ここでは、特に設定の変更は必要ありません。
 





 
最後に、宛先:フォルダーのタブに移ります。
 
  
バックアップを格納するフォルダーは、分かりやすい名前にしておけばOKですし、特に変更しなくても大丈夫です。
 
 
ファイルを削除では、バックアップを保持するファイル数を指定するのですが、毎週のバックアップを設定して入れば、12と入れておけば、3ヶ月分のファイルが作成されることになります。
 

 
入力したら、変更を保存をクリックします。
 
 
ここまでの変更が完了すると、ジョブの保存が完了し、今すぐ実行というボタンでバックアップを取ることができます。
 

 
ジョブ完了が表示されれば、無事にバックアップが取れています。
 

 
実行したジョブは、メニューのバックアップから確認ができます。
 

 
ダウンロードすることで、実際にバックアップファイルとして残るので、安心ですね。





-アフィリエイト

Copyright© hiro's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.