ブックメーカー

【実績画像】ブックメーカー参入1ヶ月後で300連勝、平均日利4.2%を達成した方法

投稿日:

hiro
こんにちわ、hiroです。 →hiroのプロフィールはこちら

どうも、山田です。
 
 
今回は、「【実績画像】ブックメーカー参入1ヶ月後で300連勝、平均日利4.2%を達成した方法」についてです。

ブックメーカーで300連勝は可能か?

ブックメーカーで300連勝は可能なのかという話ですが、結論から言って可能です。
 
 
他のサイトを見るために「ブックメーカー 連勝」で調べてみても、25連勝、35連勝、80連勝といった連勝数は語られているのを見ましたが、300連勝はあまり見かけませんでした。
 
 
もちろん狙うオッズも違うので、利益の幅に差が出る見方もありますが、この後書く通り、期待値の観点からもぐんぐん利益を伸ばせる手法かと思います。
 
 
まずは、実際にブックメーカーに参入した2018年2月からたった1ヶ月後の2018年2月24日から3月5日のベットヒストリー(賭け履歴)をご覧ください。
 

 
このキャプチャーの中にあるOverやPenaltyなどの1~2€(ユーロ)ベットでちょこちょこ負けていますが、これを抜いたUnder系では297連勝しています。
 
 
実際には翌日3月6日の夕方に1敗しましたが、それまでに3月6日だけで何十試合かに勝っているので、実質300連勝以上しています。
 
 
毎回平均500~600ユーロくらいをベットして、その1~2%にあたる5~6ユーロが戻ってきています。
 
 
2018年3月現在で1ユーロは約130円なので、500ユーロベットで利益が約650~1300円になるわけですが、この利益を出すのに、スマホでわずか3タップほどの作業だけです。
 
 
これを300連勝で「日利」平均で4.2%ですから、凄まじい速度で稼ぐことができますよね。
 
 
株の長期投資なんかでは「年利」5~7%などの世界と比べたら半端ないスピードで利益を出せています。
 
 

平均日利4.2%、多い日で日利17.7%

僕のブックメーカー実績では、年利ではなく日利で平均4.2%で、土日などベットの機会が多い日は日利17.7%でした。
 
 
1日で利益が17%超えというのは、一般的な投資と比べるととんでもなく大きいと思います。
 
 
もちろん、投資なので100%勝ち続けはありませんが、うまく資金管理をすることで全負けを防ぎ、削った分もあっという間に連勝して取り戻すことができます。
 
 
たまたま勝ったのでは?、と考えられる300連勝ですが、その前後の負けの前後でも100~200連勝をしているので、逆にたまたま負けたという感覚の方が近いかもしれません。
 
 
その「たまたま」というのをしっかり理論的に考えるには、期待値の考え方が非常に重要になってきます。
 
 

期待値からしても圧倒的プラスになる

連勝数とオッズとの関係から、300回に1回負ける時の期待値を見てみると下記の通りになります。
 
  
勝ち299、負け1、オッズ1%(実際はオッズ1.010~1.015が多く、平均で1%を超える)で10万円を元本だとします。
 
 
(299/300)×100000×0.01-(1/300)×100000=664円
 
 
となるので、664円の利益が理論的に見込まれるわけです。
 
 
もちろん確率論なので、実際には最初の1試合で負けるかもしれませんし、300を超えて500試合目で負けるかもしれません。
 
 
しかし、期待値で見ておけば、それがプラスになっている以上、やればやるほどプラスに収束していく計算になります。
 
 
あとは、この手法をいかにルールを守って実践していくか、自己管理能力も非常に大事になってきます。
 
 

具体的にどんな手法を取っているのか?

これは超シークレットノウハウな部分になるのですが、ここで書ける範囲でお伝えします。
 
 
ベット対象はサッカーのAlternative Match GoalsのUnderにベットしています。
 
 
巷ではUnder投資法というのがあるらしく、僕の手法はこれに近いものではあります。
 
 
しかしながら、よくネットに書かれているような条件だとすると、僕も負けるだろうな~という感覚があります。
 
 
なぜなら僕もやり始めの頃、その巷のUnder投資法を少し試してみたら、あっという間に負けてしまったからです。
 
 
よくあるのが、65~70分の時点での両チームの得点の合計より2以上大きい数値のUnderを狙うというもの。
 
 
具体的には、65分の時点で1-1の時にUnder4.5、5.5なんかを狙うやり方です。
 
 
僕からみると、この時に絶対にUnder4.5なんかにはベットしないですね、絶対に。
 
 
条件次第ではUnder5.5も視野に入れるといった具合でしょうか。
 
 
この条件やタイミングがかなりミソなので、そこを知りたい人はぜひコメント欄にでもメッセージいただければと思います。
 
 
かなりガチガチに勝てる試合に臨み、少しでも負けそうな試合にはそもそもベットしないというのが鉄則です。
 
 
利益を急ぐあまりに、常にベットして回していないと気が済まない、いわゆる「ポジポジ病」の人は危険ですね。
 
 
これはスポーツを対象にしている以上、何が起こるかわからない、いわゆる事故的に点数が入りまくってしまう状況も当然0ではないので、全て自己責任でやっていただければと思います。
 
 

なぜ300連勝する手法を確立できたのか?

これはズバリ、「超高確率で勝てる有料配信」のベット傾向を超絶分析したことです。
 
 
僕も最初この有料配信を教えてもらった時に、これももちろん100%ではないのですが、実際にその配信通りにベットすると余裕で勝ちまくれました。
 
 
しかしながら、深夜の方が配信が多いこと、数秒で反応してベットする必要があることなどが理由で、その配信に必ずしもベットできないこともありました。
 
 
なので、利益が伸びるスピードが思った以上に遅いなぁと感じていたので、その配信される試合(ほぼ99%超えの勝率)を私なりに傾向を分析しました。
 
 
分析した結果、何回かは負けながらも、その負けた試合も分析することで、数々の条件を満たす試合にのみ適切なタイミングで、適切な資産管理をしていけば、利益がグングン伸びることがわかったのです。
 
 
なので、この「超高確率で勝てる有料配信」に出会えた僕は超ラッキーでした。
 
 
この有料配信だけでも相当安定的に勝てるので、そこを手堅くいくのもぜんぜんありだと思います。
 
 
この「超高確率で勝てる有料配信」についても、興味があればコメント欄からメッセージいただければ詳細お伝えします。
 
 
同じブックメーカーでも、テニスの方がオッズの幅が広く、稼げるという説もあるのですが、僕はこのサッカーのhiro-yama流Under手法で手堅く稼いでいます。
 

負けるか負けないかを、わざわざ1試合ずつ見てドギマギするのは、精神的にもよくないですよね。
 
 
ほぼ勝てる試合に、負けないようにかけて資産を増やす。
 

これが一番の近道だったりします。
 
 
これからも実践して精度を上げて、もっと具体的に発信できるようにしていこうと思います。
 
 





-ブックメーカー

Copyright© hiro's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.