hiro-yamahiro-yama

こんにちわ、hiro-yamaです。

副業でアフィリエイトを実践し、家族と幸せに暮らすライフスタイルを送っています。

hiro-yamaのプロフィール

どうも、山田です。
 
 
今回は、「サラリーマンのコンフォートゾーンを抜け出そう」についてです。
 
 

 
 

コンフォートゾーンとは?

コンフォートゾーンという言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。
 
 
これが意味するのは、心地良い場所・状態を指しています。
 
 
これは人によって価値観や基準値が違うため、同じ状況や環境でも人によって心地良さが違うということです。
 
 
例えば、家に帰ってテレビを見て寝るのが当たり前の人と、テレビを見ることは自分の成長を妨げると考えるのが当たり前の人もいます。
 
 
このように、人によってその心地良さが違うのです。
 
 
これは、これまで生きてきた環境や、考え方・生き方の問題ですが、このコンフォートゾーンの概念を知っておくだけで、自分を客観的に見ることができるようになります。
 
 
そして、コンフォートゾーンは、意識的に変えることができます。
 
 
むしろ、コンフォートゾーンを変えなければ、これ以上の変化はないと言っても言い過ぎではないかと思います。
 
 

成長するには代償が必要

ここでお伝えしたいのは、成長するには何らかの代償が必要だということです。
 
 
上の例で言えば、テレビを見て寝るのが当たり前の人は、自分の成長のための時間や労力をかけることをしません。
 
 
このような人が、例えばネットビジネスで稼げるようになりたいと本気で思うのならば、今まで当たり前だと思っていたテレビを見る時間を削って、ネットビジネスに割く時間を捻出しなければなりません。
 
 
テレビに費やしていた時間を変えるという代償が必要になってくるのです。
 
 
今までやってきたことを変えてまで行動を変えない限り、これまでの延長線上の成長しか見込めなくなってしまいます。
 
 
そのぶん何かを捨てて、何かを取り入れる必要があるということです。
 
 

周りの人と同じ行動をしない

これはサラリーマンを例にとって見ると、サラリーマンの一般的な行動図式としては、家と会社を行き来し、仕事と場合によっては飲み会に参加、というのが挙げられます。
 
 
これは、周りの人たちが当たり前のようにやっていれば、自分自身もこれが当たり前だと思うようになってきます。
 
 
しかし、周りと同じ行動をとっていれば、結果も周りと同じになってしまいます。
 
 
自分がなりたい姿を目指して、周りの人と同じ行動をしないと決めることも非常に重要になってきます。
 
 

周りにいる人を変える

周りの人と同じ行動を取らないために、簡単にできることがあります。
 
 
それは、周りにいる人を変えるということです。
 
 
いつもと同じ人と接するのではなく、成功している人や憧れの人の環境に飛び込んで見ることで、価値観やマインド面で自分自身の中に革命が起きます。
 
 
そして、今まで当たり前だと思っていたことがだんだんと気持ち悪くなってきます。
 
 
そうすると、新たに周りにいることになった人のコンフォートゾーンに似てくるので、自然と行動も変わってきます。
 
 
周りにいる人を変えるだけで、自分自身がいとも簡単に変わることができるのです。
 
 

潜在意識が心地良さを変える

このように、自分自身のコンフォートゾーンを変えていくには、日頃接するものや人を変えていく必要があります。
 
 
そうすることで、潜在意識のレベルで自分自身が心地良いと感じるものが変わってきます。
 
 
それも、1回や2回のレベルで変えるのではなく、習慣レベルで接するものや人を変えて見ましょう。
 
 
潜在意識が変わると人は、思考や行動、そしてそこからうまれる結果が一気に変わることができます。
 
 
今現在、現状に満足してないのであれば、今すぐコンフォートゾーンを抜け出して行きましょう!
 
 

お名前

メールアドレス(必須)



Powered by メール配信システム オレンジメール