アフィリエイト

Contact Form7でコメントフォーム設置

投稿日:

hiro
こんにちは、hiroです。 →hiroのプロフィールはこちら

どうも、山田です。
 
  
今回は、「Contact Form7でコメントフォーム設置」についてです。
 
 

Contact Form7とは?

Contact Form7は、よくあるお問い合わせフォームを簡単に設置することができるWordpressのプラグインです。
 
 
ブログやサイトを見ていると、「お問い合わせはこちら」というように、名前と問い合わせ内容を入力フォームがあるかと思いますが、これのことです。
 
 
お問い合わせフォームは必要か?という方がいるかもしれませんが、結論いうと絶対に設置しておいたほうがいいです。
 
 
というのも、ブログの訪問者からの生の意見や依頼が直接くるのは、この問い合わせがきっかけになることがほとんどだからです。
 
 
例えば、特化型ブログのアフィリエイトであれば、クローズドASPから広告の掲載依頼がきたりします。
 
 
これがきっかけでブログ収入が増加するなんてこともザラにあります。
 
 
なので、このお問い合わせフォームはできるだけ早い段階で設置してしまいましょう。
 
 

設定はショートコードを貼るだけ

では、Contact Form7の設定方法です。
 
 
プラグイン→新規追加でContact Form7を検索し、インストール→有効化します。
 


 
有効化すると、ダッシュボードのメニューにお問い合わせが表示されるので、コンタクトフォームに進みます。
 

 
すでに、コンタクトフォーム1というのがあるので、このショートコードをコピーします。
 

 
あとは、設置したいページにこのショートコードを貼り付けるだけです。
 
 
お問い合わせフォームは固定ページで作っておくといいですね。
 
 
固定ページ→新規追加に進み、テキスト形式で先ほどコピーしたショートコードを貼り付けます。
 

 
パーマリンクはcontactなど自分で自由に設定できます。

設定できたら、公開を押してページを完成させます。

出来上がったお問い合わせフォームのページをグローバルナビに設定するには、外観→メニューに進みます。
 

 
固定ページの中から、先ほど作成したお問い合わせページにチェックを入れ、メニューに追加します。
 

 
右側のメニュー構造で、順番をドラッグで変更できますので、順番を整えたらメニューを保存で設置完了です。


 
こんな感じに設定できましたね。

ブログ訪問者が問い合わせを送信したらどこに届くのか?ということですが、ダッシュボードメニューのお問い合わせ→コンタクトフォームのメールのタブをクリックすると確認できます。
 


 
ここでは、すでにWordpressで設定したアドレスが入力されているので、このままで問題なければ特に設定する必要はありません。
 
 
問い合わせフォーム経由でメールがくるのもこれでわかるようになっています。
 
 
問い合わせがくれば、それほどアクセスが集まってブログが見られているということにもなりますね。
 
 
Contact Form7の設定は以上です。
 
 

  • この記事を書いた人

hiro

1987年生まれ。妻・息子・娘の4人家族。 早稲田大学大学院修了後、一部上場企業に入社。 給料がほとんど上がらない会社の年功序列に疑問を覚え、 会社で働きながら副業で月収10万円を稼ぐアフィリエイトブログを構築。 アフィリエイトで学んだ知識とノウハウを生かして、ブログコンサルを開始。個別コンサル生実績:MAX月収400万円。 ブログがアップデートで飛んだのをきっかけに、メルマガを使って本業を超える自動化収入を構築。 家族・子供の将来のためにも、米国株式インデックスを中心にNISAでつみたてる長期的な資産運用を開始。 30代の会社員パパが、自分の力でお金を作り、幸せに生きる方法をお伝えしていきます。

-アフィリエイト

Copyright© hiro's blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.