マインドセット

行動しないことが一番のリスク!成功の反対は何もしないこと

投稿日:

hiro
こんにちは、hiroです。 →hiroのプロフィールはこちら

どうも、山田です。

 

今回は、「何もしないことが一番のリスク」についてです。
 
 

 
 

成功の反対は何もしないこと

成功の反対は失敗、と考えられがちですが、実際のところは違います。
 
 
成功の反対は、「何もしないこと」です。
 
 
失敗することは、むしろ、成功するために必要だった経験として糧になります。
 
 
しかし、何もしなければ、当然結果も出るわけもなく、進化成長は一切しません。
 
 
何もしない、という時間を無駄にすることは、未来を変えることを放棄する、といっても過言ではありません。
 
 
成功したければ、何もしないという選択肢を捨てましょう。
 
 

やる気になるまでは好きなことをする

とはいえ、なかなかやる気にならないんです、という相談は結構受けます。
 
 
実際、私もやる気にならない時期もありました。
 
 
そんな時は、やる気になるまでは好きなことをしてみるといいです。
 
 
いやいや、そんなのんきなこと言ってられません、という人もいるかもしれませんが、そこは焦らず好きなことをしてみてください。
 
 
好きなことをしてリフレッシュして、そのうちに、やっぱり成長したい!という欲が湧き上がってくることがあります。
 
 
それは一種の焦りかもしれませんが、焦りがくるまでとことん好きなことをしてみてください。
 
 
今取り組んでいることにやる気が起きなければ、一旦離れてみて時間を置いてみるのも、遠回りなようで近道になることもあります。
 
 
それは自分自身がリフレッシュできることと、自分自身が成長しなければと改めて思うからです。
 
 

「知っている」と「やっている」は雲泥の差

いざ何かやろう、となったときに、知っているだけでやった気になっている危険なパターンが散見されます。
 
 
知っていても、実際に行動しなければ、やっていないのと同じです。
 
 
頭でっかちに、やればできるのはわかる、という状態ではなく、実際にやるから結果が出るのです。
 
 
成功するかしないかは、この「知っている」だけなのか、「やっている」かの違いとも言えます。
 
 
指を加えて見ていないで、実際にやってみる、というところから始めてみましょう。
 
 

一定のペースで成功するわけではない

さて、行動できるようになってくると、すぐさま成功したり結果が出ないことがほとんどです。
 
 
それは、ある程度の結果が出るまでに時間がかかることがあるからです。
 
 
成功しない人は、成功する道をたどっていたとしても、成功する前にやめてしまうだけなのです。
 
 
これは、一定のペースで成功するわけではない、ということを知っておきましょう。
 
 
成長曲線ともいわれるように、最初は非常に緩やかにしか結果が出ないことが多いです。
 
 
ある点を境に、一気に結果が出たりするもので、最初の積み重ねが重要です。
 
 
みんな結果が出る前にやめてしまうので、成功して抜きん出るためには、成功するまで淡々と行動を積み重ねていきましょう!
 
 





  • この記事を書いた人

hiro

1987年生まれ。妻と息子の3人家族。 早稲田大学大学院 先進理工学研究科修了後、一部上場企業に入社。 給料がほとんど上がらない会社の年功序列に疑問を覚え、 会社で働きながら副業でアフィリエイトブログを構築。 ブログから毎月10万円が自動的に入る仕組みを作り、 家族とともに好きな時に好きなことをする人生を歩む。 アフィリエイトブログの作り方などの情報発信を通じて、「自分の人生を、自分で生きる」ということをお伝えしていきます。

-マインドセット

Copyright© hiro's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.