マインドセット

お金は使うと入ってくる!いいお金の使い方とは?

投稿日:

hiro
こんにちは、hiroです。 →hiroのプロフィールはこちら

どうも、山田です。
 
 
今回は、「お金を使うとお金が入ってくる?いいお金の使い方を知ろう」についてです。
 
 

 
 

お金は使うから入ってくる

お金は貯めるという人もいますが、実際にはお金は使うから入ってくると考えるといいです。
 
 
お金を貯めるというと、例えば、月にいくら貯金するという風に、計画的にやっている人もいますが、それは一次関数的に(直線的に)しかたまっていくことはありません。
 
 
一方で、お金を使うことで入るという発想は、例えば、投資をしてリスクを負って、それ以上のリターンを得るということが挙げられます。
 
 
また、お金は単純な双方向性ではなく、使ったのと違った形で入ってくることもあります。
 
 
例えば、最初は自分のスキルを学ぶために、教材や学ぶものに投資をして、その後自分が教える側に回ってお金を得ていく、というようなのもその1つです。
 
 
なので、何かにお金を使うときには、どんな形でリターンを得るかを意識し、いいお金の使い方を学んで実践するのがいいですね。
 
 

自分に投資するお金の使い方

お金にも、いい使い方と悪い使い方があります。
 
 
例えば、いい使い方であれば投資ですね。
 
 
一般的な金融商品に投資するのもあれば、上記に挙げたような自己投資もいい使い方ですね。
 
 
例えば、本を読んだり、直接人から学んだりして、知識やマインドを取り入れていくことが挙げられます。
 
 
また、今までやったことがないことを経験することも自己投資にもなります。
 
 
あるいは、今まで一度も払ったことのないような高額なセミナーなんかに参加するのもそうですね。
 
 
そもそも参加されている人々の層が異なるので、そこの空間にいることで、どんな人がいるのか、どんな価値を提供するのか、そして、どんなことがこれから求められていくのかなど、が見えてきます。
 
 
このように、お金を使わないと絶対に触れられない世界に入ることなんかも自己投資の一種と言っていいでしょう。
 
 
一方で、悪いお金の使い方もあります。
 
 
これは、消費・浪費が当てはまります。
 
 
ただ使っても何も残らない、一時の気分転換に過ぎないものなんかは、消費・浪費になってしまいます。
 
 
どうせ使うのであれば、自分の身になるものに投じた方が、未来は大きく変わっていきます。
 
 

長期的に回収する視点を持つ

投資というと、手始めにお金を使うので、なんとなく無駄遣いしてしまったと錯覚してしまうこともありますが、実際に目先の利益に目がくらむと実はあまりいいことはありません。
 
 
むしろ自己投資なんかはすぐに結果が出るというよりも、学んだことをいかして長期的に回収していくイメージです。
 
 
自分への投資を惜しんだ瞬間に、自分の成長を止めてしまうことにもなるので、今すぐに回収というのではなく、長い目で自分が成長し、価値を対価として得られるようになっていけばいいのです。
 
 

お金は溜めても入ってこない

仮に投資をしても失敗することがあるかもしれません。
 
 
しかし、その失敗から得られるものは必ずあるので、後悔しておしまいではなく、今後に生かしていくことが重要です。
 
 
なので、失敗を恐れずに、どんどん投資しましょう。
 
 
お金は溜めても結局入ってこないですし、お金には流れがあるので、雑に扱わず大切に扱うのがいいですね。
 
 
お金を貯めて腐らせるのではなく、お金がお金を生むようにしっかりと流れを作り、いいお金の使い方を心がけていきましょう!
 
 





  • この記事を書いた人

hiro

1987年生まれ。妻と息子の3人家族。 早稲田大学大学院 先進理工学研究科修了後、一部上場企業に入社。 給料がほとんど上がらない会社の年功序列に疑問を覚え、 会社で働きながら副業でアフィリエイトブログを構築。 ブログから毎月10万円が自動的に入る仕組みを作り、 家族とともに好きな時に好きなことをする人生を歩む。 アフィリエイトブログの作り方などの情報発信を通じて、「自分の人生を、自分で生きる」ということをお伝えしていきます。

-マインドセット

Copyright© hiro's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.