マインドセット

出世せずとも経済的・精神的に豊かになれる「脱出世」とは?

投稿日:

hiro
こんにちわ、hiroです。 →hiroのプロフィールはこちら

どうも、山田です。
 
 
今回は、「出世だけが人生じゃない?脱出世の生き方を知ろう!」についてです。
 
 

 
 

出世する人生が勝ち組なのか?

サラリーマン人生では、どんどん役職がついて出世していくのが成功の道筋とされています。
 
 
主任、係長、課長、部長と上がっていくわけですが、本部長や役員になるまでに、入社してから25年くらいかかるわけです。
 
 
もちろん、すんなり行けばのはなしで、そこまで出世せずに終わる人もいます。
 
 
会社も組織なので、全員が出世できるわけではありません。
 
 
これまでは、出世競争を勝ち抜くのが勝ち組とされて来たこれまでの時代からは、大きく変わって来ました。
 
 
今では、働き方も多様化し、組織に属さずに個人で生きるスキルを持ち始めることができるようになって来たからです。
 
 
なので、出世街道から外れたからといって、意気消沈しなくても大丈夫です。
 
 
むしろ、若い人であればあるほど可能性は満ちており、出世しなくていい、という考えの人も増えて来ています。
 
 
僕自身、インターネットで稼ぐ術を身につけてからは、むしろ出世街道から外れてもいい「脱出世」の考えを持つようになりました。
 
 

「脱出世」の選択肢を取り入れてみる

僕の言っている「脱出世」とは、出世街道に囚われずに、自分自身で稼ぐスキルを身につけていくということです。
 
 
出世して肩書きがつけば、社会的な責任も大きくなっていきます。
 
 
その分、仕事が忙しくなり、自由な時間を犠牲にしてまで会社で働かなくてはいけないという事態にもなりかねません。
 
 
経済的な側面で見てみると、出世して給料を上げていくのと、自分で稼ぐスキルを磨いていくのでは、後者の方が金額的にも柔軟性の意味でも有利になってくると思います。
 
 
金額的にというのは、年単位で昇級していく額なんかは、正しいやり方でしっかり実践すれば、数ヶ月で数年分の昇級分を稼ぐことも難しくはないからです。
 
 
また会社の出世では組織に依存しているため、会社がリストラや倒産してしまっては、元も子もありません。
 
 
しかし、個人で稼ぐスキルを身につけておけば、たとえ一つの事業がダメになっても、本質的な稼ぎ方を知っているので、違った形でもうまくいきます。
 
 
なので、今まで以上に組織に依存するのは、安定なようで実はリスクでもあるということです。
 
 

周囲からのプレッシャーは関係ない

出世街道から外れたとすると、家族や周りの人からプレッシャーを受けることもあります。
 
 
早く出世しないの?とか、まだ課長にならないのね、といった具合に、直接的な言葉でなくても、そのニュアンスの言動を目の当たりにすることもあるかもしれません。
 
 
しかし今は、肩書きが全てではないので、仮に会社の肩書きが無かろうと、例えば副業で月収30万くらい稼いでいたら、上司よりも収入は多くなってくるかもしれません。
 
 
周りがなんと言ってこようと、自分自身の稼ぐスキルを身につけてさえいけば、プレッシャーなんかはかんけいないのです。
 
 

出世する人より貢献できる人になる

出世という形だけではなく、大事なのは人の役に立てるような人になれるかということです。
 
 
出世していくことで、組織としての貢献はあるかもしれません。
 
 
一方で、個人で情報発信したり、転売でもアフィリエイトでも、他の人に貢献できていれば、その対価として稼ぐこともできます。
 
 
人に大きな価値を提供できることができれば、会社の給料以外にも経済的な収入源を持つこともできます。
 
 
組織の肩書きなんかよりも、いかに人や社会に貢献できているかを考えてみるといいですね。
 
 





-マインドセット

Copyright© hiro's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.