アフィリエイト

WordPressをhttpからhttpsにSSL化する方法

投稿日:

hiro
こんにちは、hiroです。 →hiroのプロフィールはこちら

どうも、山田です。
 
 
今回は、「WordPressをhttpからhttpsにSSL化する方法」についてです。
 

 

SSL化とは何か?

SSL化という言葉に馴染みがない方もいるかもしれません。
 
 
SSLとは、Secure Socket Layerの略で、通信の暗号手段のことを指します。
 
 
ネット上で買い物などをする際に、氏名や住所、クレジットカード情報などの個人情報を扱うと思いますが、これらをセキュリティが弱い環境下で使用し続けると、ハッキングされたり、個人情報流出が考えられます。
 
 
それらを防ぐために、情報を暗号化して送受信できる通信方法として常時SSL化するということです。
 
 
具体的には、これまでは、「http://〜」というURLが一般的でしたが、常時SSL化されたページは「https://〜」というふうに、「s」が追加されるようになります。
 
 
Googleもこの常時SSL化されたページを評価するとも言われており、徐々にサイトのセキュリティ対策も必須になってきています。
 
 
今回は、このSSL化の作業を通じて、取得したドメイン、URLを「https://〜」にする方法を紹介いたします。
 
 

作業前にバックアップを取ろう

作業をする前に、ドメインを新規取得した場合出ない限り、バックアップを必ず取りましょう。
 
 
これまで書きためてきた記事が台無しになる、なんていうリスクは極力避けましょう。
 
 
バックアップには、BackWPupというプラグインを使います。
 
 
こちらは新規プラグインからインストールして使用してください。
 
 
今回は、ドメイン取得後すぐにSSL化する想定なので、バックアップについては割愛します。
 
 

XSERVERでSSL化設定をする

まずは、XSERVERでSSL化設定します。
 
 
XSERVERのサーバーパネルにログインします。
 
 

 
 
サーバーパネル
 
 
SSL化設定をクリックします。
 
 
SSL化設定
 
 
SSL化設定するドメインを選択します。
 
 

 
 
独自SSL設定の追加のタブをクリックします。
 
 

 
 
ここではすでに設定済みとなっていますが、このプルダウンでURLを確認(1つしかないです)し、独自SSL設定を追加する(確定)をクリックします。
 
 
これでXSERVERでの設定は完了です。
 
 
反映まで1時間程度かかることもありますが、数十分で反映されることもあります。
 
 
SSL化設定が反映されると、「https://〜」のURLでサイトが表示されるようになるので、次にURL変更を行います。
 
 

 
 

URLを変更する

次にURLの変更ですが、これはWordPressの設定から行います。
 
 
WordPressにログインし、設定の一般をクリックします。
 
 

 
 
WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)に入力されているURLについて、「http://〜」から「https://〜」のように「s」を各々追加します。
 
 

 
 
変更を保存を押せば、作業完了です。
 
 

 
 
その後、「https://〜」のURLを確認するとサイトが表示されていれば、問題なく常時SSL化されたことが確認できます。
 
 

 
 





  • この記事を書いた人

hiro

1987年生まれ。妻と息子の3人家族。 早稲田大学大学院 先進理工学研究科修了後、一部上場企業に入社。 給料がほとんど上がらない会社の年功序列に疑問を覚え、 会社で働きながら副業でアフィリエイトブログを構築。 ブログから毎月10万円が自動的に入る仕組みを作り、 家族とともに好きな時に好きなことをする人生を歩む。 アフィリエイトブログの作り方などの情報発信を通じて、「自分の人生を、自分で生きる」ということをお伝えしていきます。

-アフィリエイト

Copyright© hiro's blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.